苫小牧 斉藤歯科医院

苫小牧市 歯科 予防歯科 歯周病 義歯(入れ歯) 審美歯科 ホワイトニング  斉藤歯科医院

予約制・急患随時受け付 0144-72-5628

予防歯科

予防歯科 定期健診は、はじめるのが早ければ早いほど効果的です。

当院では、皆様にいつまでも楽しくお食事をし、幸せな生活を過ごして頂くことを1番に考え、悪くなった歯を治療するだけではなく、ご自身の歯、治療した歯を悪くならないように予防することに力をいれています。

予防歯科とは?

「予防歯科」と聞いて、ピンと来ない方も多くいらっしゃいますが、歯が最もいい状態は虫歯や歯肉炎・歯周病などお口のトラブルが発生する前に原因を作らないように予防することを予防治療といいます。

当院の予防歯科は、
◆定期検診 ◆歯周病予防 ◆フッ素塗布 ◆口腔がん検査を行っております。

北欧では80歳で20本の歯を残している方が非常に多い中、日本人は毎日、歯磨きを欠かさずにしているのに、歯の残っている本数は80歳で平均5本です。そのため、現在では歯のためにも治療の負担を減らすためにも、予防歯科 の重要性が叫ばれています。

 

なぜ繰り返し虫歯にかかるのか?

頑張って治療に通ったのに、しばらくするとまた冷たいものや、甘いもので歯がしみてきて・・・・そんな経験をされた方はおられませんか?

むし歯になりやすい体質だから・・・歯が弱いから・・・と諦めておられる方も多いと思います。
むし歯治療が終わっても、本当の「終わり」ではないのです。

むし歯は、歯の質、細菌、砂糖の3つの原因が重なり合って出来てしまいます。お口の中の細菌の中には歯周病の原因菌や虫歯の原因菌があります。但し、虫歯菌が存在するからだけでは「虫歯」という病気は発症しません。歯みがきの習慣やお砂糖を摂取する習慣をコントロールしていけば防ぐ事は可能です。

毎日1日2回以上歯みがきを頑張っているのに、何故むし歯はできてしまうのでしょうか?どんなに歯ブラシが上手でも、100%汚れを落としきる事は不可能なのです。

定期健診

定期検診では、歯周病の予防や虫歯・噛み合わせのチェック、自宅では取ることの出来ない歯の汚れを取ったり、歯みがきの癖のチェックを行ないます。

これは、お口の健康を良い状態でキープするためには、一番欠かせないことです。

定期的にチェックしていくことで、病気の再発や発症を未然に防ぐことができますし、もし発見されても 早期治療を行うことで、様々な負担を軽減できます。そこで歯科医院では3~6ヶ月に1度の定期検診をオススメしています。

定期検診チェック項目

治療した歯の様子はどうですか?

治療した歯だけにとどまらず、他の歯も新たに悪くなっている所はないかチェックします。

ブラッシング(歯みがき)の状態はどうですか?

治療した歯だけにとどまらず、他の歯も新たに悪くなっている所はないかチェックします。

歯肉の具合はどうですか?

歯周ポケット検査をして、歯肉の炎症や出血、ポケットの深さを調べます。

かみ合わせに問題ありませんか?

かみ合わせに異常や不調和があると、かみ合う歯どうしを傷めたり、歯を支えている骨そのものがダメージを受けたりして歯の寿命が短くなってしまうことがあります。このようなことを防ぐために、定期的にチェックし、必要があれば調整を行います。

定期検診で行う歯のクリーニング

クリーニングとは、専用の機械を使って、お口の中の汚れをキレイにすっきり落とすことです。
汚れには大きく分けて、「プラーク」と「歯石」の2つあります。

プラークとは?

プラークというのは、歯や歯と歯肉の境目、歯と歯の間についている白くて粘々した汚れ(細菌の集まり)をいいます。食べ物のカスのように見えますが、実際は微生物の固まりで、プラーク1mgに一億個以上の微生物がいると言われます。

歯石とは?

歯石は、プラークが歯周病菌を抱えたまま石灰化して、固まったものが歯石です。表面がザラザラしているので歯肉を刺激する上、プラークが溜まりやすくなります。歯石は、とても固く歯ブラシではおとすことができないので専門的な機械でなければ落とす事ができません。

クリーニングのメリット

歯の表面についたタバコのヤニ、茶渋などの着色であればキレイに落とすことができます。
お口の中のプラークや歯石をとると、細菌が減るので、歯ぐきが健康になり若返ります。
プラークはずっとついたままになっていると、歯が溶けてむし歯になります。クリーニングをすることでむし歯になるリスクが大きく減ります。
クリーニング後は、お口の中がすっきり爽やかです。歯の表面もツルツルして気持ちよいだけではなく、プラークが付きにくくなります。

歯周病予防

歯周病とは?

歯周病とは、歯の歯茎に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる、細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢から歯の根元にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。そのままにしておくと、歯が抜け落ちてしまいます。

日本人の場合、30歳代の8割、40歳以上の9割がかかっていると言われます。歯周病は、歯を失う大きな原因のひとつなのです。(虫歯で失うよりも多いのです。)

歯周病の症状

歯周病が進行すると、歯ぐきが退縮したり、歯がぐらぐらしたり痛くて上手く噛めなくなったりします。
歯の周りには、歯を支える色々な組織があり、歯周病はこれらの組織が細菌に感染して起こります。

 

歯周病の危険性

歯周病は歯の周りだけではなく、歯周病原菌が血液中に入ったりすると、以下のように全身的な病気にかかわる危険性があることがわかってきました。

  • ■動脈硬化
  • ■心疾患
  • ■脳血管疾患
  • ■早産や超低体重児出産
  • ■肺炎
  • ■糖尿病
  • ■高血圧
歯周病は「病気」の一種であり治療が必要ですが、ご自身では気付きずらい病気でもあります。

歯周病症状セルフチェック

この様な症状がでてる場合は注意してください。

歯磨きをすると歯ぐきから出血する。

歯ぐきが赤く腫れたり、痛むことがある。

口臭が気になる。

歯がぐらぐらしてきた。

食事中、よく物がはさまる。

 

当院の歯周病予防

歯周病治療は合計5~9回ほどかかります。 当院ではコミュニケーションを重視し、全ての情報を加味して、ご自身に最適な治療を進めていきます。

歯周病の進行具合により回数が異なるのは、歯ぐきの奥に隠れている歯石の取り除きなど、細かい作業を慎重に行わなければいけないためです。
もちろん、治療方法や回数などは患者様と相談しながら治療していきますのでご安心ください。

歯周病治療に関するご説明&歯周検査

現在の状態、歯周病の進行程度を診査し、検査結果のご報告をいたします。

歯石除去・クリーニング

歯の周りについた歯石を専用の機械で取り、清潔な状態にします。

ブラッシング(歯みがき)のご案内

プラークや歯石の再付着を防げるよう、正しい磨き方のコツをお伝えいたします。

歯肉の下の歯石チェックと歯石除去

歯磨きをする(=見えている)部分でなく、歯ぐきに隠れている歯石を専用の機械で取り除きます。
※深い箇所にある場合は、麻酔を行います。

メンテナンス

歯周病は慢性的な病気であるため、定期的に歯周検査し、悪くなったところがないかを調べます。 クリーニングを行い、歯石・プラークを付きにくくしていきます。

口腔がん検査

知っておきたい口腔がん

口腔がんとは、舌にできる舌がん、舌と歯ぐきの間にできる口腔底がん、歯ぐきにできる歯肉がん、頬の内側粘膜にできる頬粘膜がん、口の天井部分にできる硬口蓋がんなどを指します。

口腔がんは口の中を不衛生にしている方や、虫歯や義歯などで舌や口腔に刺激を与えている人、熱い食べ物や辛い刺激物を好んで食べる人に多くみられる病気です。

初期の状態では痛みや出血などはなく、硬いしこりがあるといった程度の症状がほとんどです。痛みがない分、自覚症状も薄く、口内炎だと思っていたものがなかなか治らないというケースも注意が必要です。

症状が悪化すると、硬いシコリが触れる程度にまでなり、冷たい物や辛い物、酸っぱい物などがしみだしたり、 触れると痛みを感じるようになります。シコリができた場所にもよりますが、がんが大きくなってくると腫瘤が目視できるようになり、指で触れるようになります。

場合によっては摂食が困難になったり、腫瘤から出血をするというような症状が出る場合も少なくありません。

まずは予防し、患ってしまっても早期発見することが重要です。そのためにも定期検診をお勧めしております。

治療の流れ

ステップ1 問診

当院では患者様に安心して治療をうけていただけるよう、親身になってお話を聴くことを大切にしています。

症状・お悩みのことを詳しくお伺いします。受診動機・どのような状態<痛み・腫れ>通える 期間・治療の範囲など)

ステップ2 検査

お口の状態を検査し、資料集めをいたします。
(歯周基本検査・X線写真等)

※初診の方は1時間ほどかかります。

ステップ3 検査結果のご報告・治療のご説明

お口の状態をご報告・説明します。

悪いところを治す最適な方法を資料をお見せしながら説明し、今後どのように治療を進めていくか患者様と一緒に決めていきます。

当院では被せ物など、患者様が自分で選択できるよう、種類のご説明をしっかりと行います。

ステップ4 治療

作製した治療計画に基づき治療を行います.

ステップ4 クリーニング

お口の中の状態に合わせてクリーニングを行います。

ステップ5 治療完了

治療が完了したことをお知らせし、
アフターケアについてご説明します。

満足して頂ける、口腔内にします。

ステップ6 定期健診

患者様のお口の健康を維持するために、特に症状がなくても歯のクリーニングや歯茎のチェックは、とても大切です。

お口の状態が悪化し、痛みなどが出る前に定期的な検診をおすすめします。

アクセスマップ

当院はトゥースフェアリーに参加しています。

モバイルサイト

苫小牧 斉藤歯科医院

〒053-0802
苫小牧市弥生町2丁目12-11
TEL:0144-72-5628